顧問契約

顧問弁護士をご検討の企業様

【ご相談いただける内容】

 取引先との契約、売掛金の回収、従業員の問題など何でもご相談ください。

 従業員の方が個人的に抱えている問題でも構いません。

 

【顧問契約のメリット】

~事前対応で紛争予防~ 

 法律に関係あるどうか分からないようなことでも、気になったらすぐに相談していただけるのが良いところです。むしろ、取引先と契約書を交わす際など、法的なトラブルになる前にこそ、ご相談ください。トラブルが発生した後に弁護士を依頼するよりも、トラブルになる前に顧問弁護士に相談する方が、費用・時間・手間の節約になります。

 

【ご相談方法】

 裁判や調停などの法的手続きになる前であれば、ほとんどのことは電話やメールでご相談いただけば足りると思います。面談して打合せを行う必要があるときには、当事務所へお越しいただくか、顧問先企業さまの事務所へお伺いすることも可能です(交通費実費をご負担ください。遠方の場合は5000円~1万円の日当をお願いする場合があります。)。

 ご相談の際には、法律に詳しくない方でもご理解いただけるよう、日常的な表現でご説明するよう努めております。

【顧問料と契約内容】                    (金額は税別です)

 顧問料(月額)

顧問契約の範囲

その他の弁護士費用

スタンダード

50,000

あらゆる法律相談(何度でも)

 *顧問先企業様のご相談、経営者の方

  従業員の方及びその2親等以内のご親族
  ご相談も含む

その他については、

報酬規定より3割減額(目安)

※従業員150名以下の企業様

 向けプランです

簡易な文書作成(内容証明郵便等)

簡易な相手方との交渉

プレミアム

100,000

あらゆる法律相談(何度でも)

 *顧問先企業様のご相談、経営者の方

  従業員の方及びその2親等以内のご親族
  ご相談も含む

その他については、

報酬規定より5割減額(目安)

※従業員300名以下の企業様

 向けのプランです

※従業員300名超の企業様

 については別途お見積りします

簡易な文書作成(一般的な契約書等も含む)

裁判所の手続に至らない相手方との交渉

※ 簡易な法律相談:電話または面談時に、その場で回答ができる程度の法律相談

※ 簡易な相手方との交渉:電話や文書のやりとりを数回交わす程度で解決に至る交渉

※ 顧問契約は原則として1年契約(更新あり)となります。

 

 

弁護士喜多英博Facebookページ
市民目線の法律家 弁護士喜多英博の豆知識

What's New

・不動産、借地借家

   不動産の取引、明け渡しの請求、

   賃貸借契約でのトラブル、

   借地契約の更新、借地上の建物の建て替えなど

 

・遺産、相続

   遺言書の作成、遺産分割、遺留分の請求など

 

・離婚、男女問題

   婚姻費用、親権、養育費、財産分与、年金分割、

   不貞(不倫)の慰謝料請求 など

 

・建築紛争

 

・高齢者の支援

   成年後見人 など

 

・交通事故などの事故

 

・医療過誤

   損害賠償の請求 など

 

・消費者被害

 

・借金問題

   自己破産・任意整理・個人再生 など

 

・環境問題

 

・労働問題

   残業代の未払い、解雇の有効性 など    

 

H23. 2.23 ホームページが新しくなりました!

 

H23.9.21  更新しました!

 

H23.11.29 更新しました!

 

H24.2.7  更新しました! 

 

H24.8.21 プロフィールなどを更新しました!